お気軽にお問い合わせください 03-4455-2342

こはGブログ

脳をデフラグ

相談を受けました。
「あれもこれもやらなきゃいけなくて、何から手を付けていいかわからないんです」
彼女は、あるコミュニティに所属しています。
そのコミュニティでは、運営を任されているようです。
「〇〇企画の方は、〇〇さんにもお願いしているんですが、なかなかすすまなくて・・・
私の頼み方が悪かったと思うんですが、もう一個の企画の方とごちゃごちゃになって・・・」
「僕は何をお手伝いすればいいですか?」
「何をお願いすればいいのかわからないんです・・・」
ここまでいかなくても、マルチタスクに陥って、苦しんでいる方は大勢います。
初めてやることであればなおさらです。
僕は、何が起きているかヒアリングしました。
結果、彼女が、メモを使っていないことが判明しました。
「まずは、やらなければいけないと思っていることを、全部書き出してみてください。時間はかかるかもしれませんが、それだけの価値はありますから」
次の日。
「ありがとうございました。おかげでスムーズにスケジューリング出来ました」
脳は、一度に一つのことを考えるようにプログラムされているようです。
(まれに一度に二つ以上のことを処理できる方がいるそうですが、僕には無理です)
そのため、あれもこれもと頑張りすぎて、彼女はパニックを起こしていたんですね。
だけど、書き出すことを勧めたら、
「え?これだけ?」
と思ったそうです。
自分が思っていた以上にやることが少なかったんですね。
こういう錯覚ってよくあることで、基本的に、イメージってすべて錯覚ですよね。
でも、「事実」は、物理化(この場合見える化)してみると、すごくよくわかる。
脳の記憶領域は、すぐに満タン信号になってしまいます。
なので日ごろから、脳に覚えさせていることを紙に書き出しておくといいんですね。
できれば、考えていることすべて、紙の上に書き出してみてください。
それを、ブレインダンプと言います。
やり方は、ググればいくらでも出てきますので、ここでは言いません。
ですが、やってみると、脳が最適化されたことに気が付くはずです。
フリーズ直前の脳が、デフラグで解放された感じです。
お試しください。
1人の画像のようです
顧客との関係性が変わる営業ツール作成プログラム